特許切れ

 

特許切れとは、新薬の特許を出願してから20~25年間は、新薬を開発した製薬会社が独占的に製造して販売することができるが、その特許が切れること。

特許切れを迎えると、他の製薬会社も厚生労働省の承認を得れば、同じ有効成分の薬を製造し販売することができるようになる。これが、ジェネリック医薬品と呼ばれている。