適応追加

適応追加とは、各医薬品が効果をもたらすとされている疾患(適応症)の幅を広げることをさす。適応追加には厚生労働省の承認を得る必要がある。効能追加、適応拡大とも呼ぶ。

テーラーメイド医療

患者ごとに異なる遺伝子のタイプを診断して、もっとも適切な医薬品を投与する医療のこと。患者の遺伝子のタイプによって、もっとも効果が高く、副作用の少ない医薬品を選択し、治療効果を最大限にする。

定額払い(包括)制度

疾患ごとに支払われる医療費を決定しておく制度のこと。

添付文書

医薬品に添付される文書のこと。効能・効果、用法・用量、使用上の注意などが記載されている。

適応症

その医薬品によって、治療の効果が期待できる病気や症状のこと。効能・効果ともいう。

点薬局

門前の病院の薬ばかり受け入れる門前薬局のこと。門前薬局。

定訪医師選定

定訪医師を選定する行為のこと。

定期訪問医師

重点的に訪問する医師のこと。